SIDE-A ガイド

athojapanote
Our dawn! Part 2


LAST CHANCE... T"EX"ACO
FILLING STATION


The athojapa CHANNEL ♪
ch.151A

SIDE-A ガイド  


三ツ星の「究極の整体屋」アートセラピーハウス
●整体をはじめてから22年。開業して15年●
アートセラピーハウスは、
お陰様で、2009年15周年!(多謝!!)


アートセラピーハウス・ジャパンは、
長野は長野県長野市の若槻の田子(たこ)に ある整体屋です。
「究極の整体」の他に、
「究極のヨガ」
「究極の筋トレ」を本格的に指導しています。

「骨格と筋肉を治せば万病治る」がモットーで、
これまでにない、そして、どこにもない
全く新しいスタイルで、
すべてがホンモノの究極の整体屋です。


■頚椎の矯正が決め手!
手技だけによる全身の骨格矯正&筋肉調整
骨盤矯正・仙骨矯正・腰椎矯正・胸椎矯正

「究極の整体」
整体×カイロプラクティック

※詳しくはこちら


■セルフコントロール!
自分で一日の疲れを完全に取り、
自分で自分の体の不調を治す方法を伝授!
1日10分!19のポーズ♪

「究極のヨガ」
ストレッチstretching×ハタ・ヨガHatha Yoga)
※詳しくはこちら


■ダイエットにも最適!
男性も女性も、筋肉を鍛えて、体を鍛えて、
いつまでも若々しく、そして、健康に!
最良の肉体改造!
「究極の筋トレ」
ウェイト・トレーニングWeight Training)

※詳しくはこちら





SIDE-A ガイド

 ■〒381-0087 長野県長野市田子499  ACCESS地図
  (平安堂若槻店から北へ車で5分ぐらい)
 ■TEL. 026-296-8003
 ■電話受付 (平日)10:00〜19:00 (土日祝)10:00〜12:00
 ■完全予約制 (予約はお早めにお願い致します)
 ■営業時間  (平日)10:00〜21:00 
       (土日祝)10:00〜12:00 (*土日祝は特別料金)
 ■定休日 不定休 (*基本的には土日祝)
 ■メール atholege--ngn.janis.or.jp
   ※迷惑メールが多いため、お手数をおかけ致します。
   ↑上記メールアドレスをコピーしてメールの宛先に貼り付け
   --の部分を半角に変えてお送り下さい♪



 ※お気軽に電話やメールでお問い合わせ下さい。
 ※尚、予約受付はメールではお受け出来ませんので
   お電話でお願い致します。









★★★★★★ SKIP ★★★★★★

★★★★★★★JUMP♪ JUMP♪ JUMP♪
★★★★★★■chapter1■M.Sさん(30代 女性)■★★★★★★
★★★★★★■chapter2■M.Sさん(30代 女性)■★★★★★★
★★★★★★■chapter3■Mくん(08歳 男子)■★★★★★★
★★★★★★■chap.3の2■Mくん(08歳 男子)■★★★★★★
★★★★★★■chap.3の3■Mくん(08歳 男子)■★★★★★★
★★★★★★■chap.3の4■Mくん(08歳 男子)■★★★★★★
★★★★★★■chap.3の5■Mくん(09歳 男子)■NEW !!!★★★★★★


体験記募集中!

アートセラピーハウスの整体ストレッチ(ヨガ)筋トレを受けてみての正直な感想、 または、ご意見などを含めた体験記を募集しています。

何か書いて下さる方はメールでお送り下さい。 ここに掲載する場合の名前はイニシャルやハンドルネームなどでもOK(本名・大歓迎^^) 写真もアップ可能です♪

今のところお礼などは特別ありません(((笑))) というわけで自由にお書き下さい(^^
よろしくどうぞ m(__)m

athojapanote
SPECIAL

chap.3
Young Master's EYE (特別編)
最年少Yogi(ヨギ)M君への究極のヨガ指導記録


ウチのストレッチ(ヨガ)を健康のために習わせたいとM君のお母さんから電話があったのが、 今年の5月頃だったと思う。 「とりあえず整体を一回受けてからになります」ということで、 まず整体をしに来たのだが、首の矯正が痛くて我慢出来ないという事で中止。 たまにこんな事もある(苦笑)とはいえ、あまりにも痛くて途中で ギブアップしてしまう人は年に一人いるかいないかだ。 ハッキリ言って僕の整体が我慢出来ないようなら、ウチのヨガは 無理だろう。ウチのヨガに年齢は関係ない。しかし、 痛みに耐えられない人(子供)には不向きだろうと思っている。 何故なら、ウチのヨガの場合、カタチだけじゃなくて意識が重要になってくるからだ。 まず、痛みを受け入れたり、耐えられない人に、 どこそこを、こうこう意識してなどと 指導してもそれどころじゃないから到底無理な話なのだ。 その痛みを受け入れたり耐えるという行為に年齢は関係ないのだ。 子供でも出来る人がいるし、大人でも出来ない人がいる。 結局、本当の問題は年齢ではない。

整体が痛くて嫌だと言うので仕方がない。 せっかく来て頂いたし、お母さんは子供の事を思って真剣なので、 それに応えようと思い、ちょっとだけ 無料体験の脚のストレッチを指導してみた。 しかし、それも痛くて出来ない。一緒に来ていた弟の方 にもおまけで指導してみたら、M君よりは痛みを受け入れようとする気持ちは 少しはマシかな、という印象。 そんなわけで、確か、その日はお母さんにそう伝えて帰した。 「ちょっとまだこの子には無理なんじゃないかなぁ〜?」と。 「よく考えてみて下さい」とお願いした。 帰り際、一緒に来ていたお婆ちゃんが「なんだ、時間の無駄だったね」と一言。。 この日は「お金はいらないよ」(←職人気質)と一切頂いてないのに、 痛烈な捨て台詞(苦笑) く〜〜(>_<)しみるぅ〜〜(>_<) 

そんなこともあり、もう来ないんじゃないかな?と思い、 M君の事はすっかり忘れていたら、数週間後、お母さんからまた電話があった。 やっぱりどうしても習わせたいようだ。 但し、前回のようになるようじゃ困るからと伝えた。 そして、もう一度、整体から受ける事に。それが6月の初め頃。 その日は、前回と打って変わってスムーズな進行。首の矯正も我慢出来るようで、 矯正後、「どう?」と本人に聞いてみた。「ん?軽くなったみたい」との事。 そして、無事に一通りの整体が終了。まずは一安心。 「今日は大人しかったねぇ〜」とお母さんに言うと、 前回の事もあって僕に電話で「厳しく(注意など)言われたので(苦笑)」とのこと(苦笑) どうやら、 ちゃんと言い聞かせて来てくれていたようです。 それと、「お父さんと約束したみたい・・・(苦笑)」とお母さん。 どうやら、 ヨガを習えば何か買ってあげるからというような水面下での交渉が成立していたようです(笑) 私の方からは「ウチのストレッチ(ヨガ)を習うには、一番は本人のヤル気が大事ですよ!!!」 と言っておいたはずだけど・・・。お母さんがあまりにも熱心だし僕を信用してくれているのか? ウチに拘ってくれているようなので、まっ、いっか♪というわけで、 この日からスタートしたM君へのヨガ指導。

そして、以下は僕がBBSに書いたものから抜粋。
―――――――――――――――――――――――――――――
2005年07月03日(日) 23:27

最近、ウチのストレッチ(ヨガ)に小学生の子が習いに来てくれていています。 ウチのやり方って、とても難しいじゃないですか。理論というか意識の仕方が。 だから、ウチのストレッチ(ヨガ)は、どちらかというと大人の味だと私は思っているんです。 年齢は関係ないと思ってましたけど、やっぱり大人の味なんですよね(^^; 今まで、中学生は何人かに指導した事があるんですけど、 もう、大人とそれ程変わらなく指導しちゃえましたけど、 これが小学生となると、同じようにはいかないんですね(^^;  まだまだ、ちょっといろいろと難しいんですよ。 で、いろいろ悩んだ末に辿り着いたところが、 『もし、自分の子供に小さい頃からストレッチ(ヨガ)を指導しようとした場合はどうする?』 というものでした。というわけで、指導方針はそれにしました♪(意味わかります?^^)

そんなわけで、指導者としてはとても新鮮でいろいろと勉強になっておりますです♪(^^

また、そんなわけで、小学生も随時募集中です!!!(^^ やっぱり小さい頃から覚えておいて損はないと思います(^^ 
―――――――――――――――――――――――――――――
と、この小学生はM君のこと(^^ 僕が今まで本格的に指導した中では 最年少の8歳。そんなわけで、 BBSにも書いたように指導方針・仕方は通常の場合とは異なっている。 M君の場合は、まだまだ、本来のように「一日の疲れを取る」 「自分の体を自分で治す」などというような難しいことは無理。 まずはカタチだけできれば良しとしている。 今のところ興味をなくさないで続けてくれることが大事かな、と(^^

以下は、ある日から 僕の方で簡単に付け始めたM君の指導記録に加筆してここに掲載。

4回目の指導
「(体の)調子はどう?」と尋ねると「柔らかくなった気がする」という答え。 会話が噛み合ってないのがかわいい(笑) 家では週に2〜3回位やっているとのこと。 弟にも教えてあげているらしい(^^  この日は反るのが素晴らしいので、それを誉めた。 脚の最初のストレッチの時に背中が丸まってしまうので座り方を直した。

5回目
今週は家では5日やったらしい。反るのを学校でやったそうだ。 M君はエビ反って足裏が頭についてしまうのだ!!!(下の画像参照) どうやら学校の友達でもう一人それが出来る子がいたらしい。 「でも、その子はこの辺までしか(足が)来ないけどね、 僕はここ(額の方)まで来るよ」だってさ。 かわいいね(^^ でも、そこには彼なりのプライドがあるんだよね!!! そういう自分にしか出来ないというようなものが あるとないとじゃ学校生活においても人生においても随分と違ったりする場合もある。 下らないことかもしれないけど、実は結構、そういうのは大事! そういうものがその人の個性になったり自信になるからね♪ この日は呼吸法が上手くなっていた。ちゃんと鼻呼吸で腹式呼吸が出来ている。 横隔膜呼吸かはまだまだ微妙。 M君はスイミング(?)にも通ってるらしく、 「(背泳ぎの時)ヨガをしながら泳いでる(^^」んだって(笑) この場合のヨガは、彼の中では「フン!フン!フン!」の呼吸法のこと 指しています♪みなさん、理解のほど、よろしくね(^^

6回目
今まで脚のストレッチの時に足を手で持てなかったのが持てるようになった。 そんなわけで、この日から開脚を指導。本来、開脚なんてものは健康上には それ程必要ではないけれど、 子供には派手なポーズを教えていった方が 興味を持ってもらえるとの思いから指導することに。

多分、これを読んでる大人になってしまった皆さんは 知らないと思うけど『子供は柔らかいから』なんて思ってるでしょ? でも、自分の子供時代を思い出してよ。みんなが柔らかいわけじゃないんですよ! しかも、ウチのように基本をしっかりやった上で足が ちゃんと持てる子供って実は少ないんだよ!!!  ウチのヨガを習っていて自分にお子さんがいる方は子供にやらしてみて下さい。 意外と痛がって出来ないから(苦笑)それが簡単に出来ちゃう子は 才能があるから僕にあずけて下さい!(←なんじゃそれ!) 一人前にしてお返しします!!!(笑)

7回目
前回に引き続き、開脚の指導も。 僕が見本を見せた後にやらせたところ、 つかなかった肘が下につくようになった。 しかし、まだまだ痛くて足は左右に開けない。 M君の場合、どうしても痛いとちょっと言い訳を してしまうところがある。 そこは本人には言わないで大目に見ているが、 やはりウチのヨガを今後続けて行く上ではあまりよろしくない。 ま、大人でもこんな人はいる。 痛いから「えぇ〜〜っ!!!」と言いながらも、 やる人やれない人。 『嘘でしょぉ〜〜!!!』と心の中で思いながらも、やれる人と やれない人では当然、効果が違う。 特に僕の前で痛いからといって、やれないようでは、 自分ひとりになった時に厳しくできるわけない。 というわけで、M君はまだまだ修行が必要なわけだが、 今はそこまで彼には要求しないことにしている。

僕は中学生の頃、テレビ(多分、月曜ロードショー)で ジャッキー・チェンの映画『蛇鶴八拳(じゃかくはっけん)』を 見てて劇中の最後の闘いのシーンでジャッキーが前後の開脚をするシーンがあるのだが、 それを見て影響を受けて練習していたら3日で前後の開脚が出来るようになりました。 やっぱり人間の脳が外界からの情報を得る時、その80〜90%は目からの情報だと 言われているため、見本をみせることは重要だと改めて思ったわけです。 特に僕みたいに影響されやすい人間にはテキメン(笑)

8回目
調子を聞いたところ、一昨日、鼻血を出したそうだ。 この日も脚のストレッチの時に見本を見せたところ、 より深く足を手で持てるようになった。

9回目
この日は、しゃっくりをしながらの登場。 というわけで、 「ここを(強く)押してれば止まるから」と、しゃっくりの止め方を教えた。 この日から、プリントを見ないで出来るように指導し始める。

しゃっくりって大人になるとあんまりならないですよね。 結構、赤ちゃんから、小さい子供なんかはなったりしてますけど。 しゃっくりも止め方があるんですよ。 みんなも知ってるかな?多分、僕は この方法は小学生か中学生の頃から使用してますよ。 漫画『北斗の拳』じゃないけど、秘孔をつくような感じで止めます。 昔、 WARE HOUSE COMPANY社長・塩谷(健一)さんが長野に来た時に 一緒に飲みに行って、塩谷さんがしゃっくりをし始めて、中々止まらなかったので、 僕が今回、M君に教えた方法で止めようとしたけどダメだったので、 首の矯正をしたんですよ。そしたら見事に止まりました(笑) というわけで、しゃっくりは首の矯正でも止まります。 試したことはないけど、理屈からすると、胸椎を矯正しても止まりそうだけどね。 塩谷さんも、それには「田中さんの整体信じます!」と感動してくれました(笑) とそんな懐かしい思い出。 まだまだあの頃なんて、青二才だったなぁ〜。 しかし、今じゃその首の矯正テクニックは使ってないなぁ〜。 首の矯正テクニックってホントいっぱいあるからね。 塩谷さんのしゃっくりを止めたテクは整体の専門学校でS・P先生に教わったもの。 S・P先生はカイロプラクティック・整体・オステオパシーのマスターだから。 ホント、いろんなテク知ってる!!! ただ、現実的には そんなに色々なテクニックはいらないんだけどね(^^

10回目
この日は、あまり集中力がなさそう。 呼吸法をやらせても、いつものような腹式がちゃんと出来ていない。 それから、まだプリントを見ないでやるのは難しそう。 反る動作の準備運動10回も体が曲がって上がっているので注意。 この日は、全くダメ。

11回目
冴えない顔をして登場。「どうした?」と聞くと、 「頭が痛い・・」と言う。 その為、首のストレッチと深呼吸をやった後、 僕の方で背中と首の矯正をしてあげた。 矯正後、「どう?」と聞くと、 どうやら大丈夫のよう。 「これでこの後(家に帰ってからは)遊べるよ♪(^^」と言ってこの日は帰した。

12回目
今日も集中力はなし。 それでも呼吸法は良い。 プリントを見ないでやらせても途中が中々思い出せなくなる。 普段は一人で来て、お母さんは車の中(?)で待っているのだが、 この日は、お母さんも店に来てM君が終わるのを待っていた。 帰り際、お母さんに 「今日もそうだけど、最近、集中力がないから、 少し復習に来る間隔を空けた方が良さそう。。」と相談。 それと、本来、子供だったら、 もっと簡単に覚えてしまっても良さそうなので、 「プリントなんかはもう見ないで出来るようにならなきゃダメだよ」と厳しく注意。 お母さんが言うには「最近、あまりウチでやっていないから・・(苦笑)」とのこと。 ま、結局、飽きて来てるんだよね(^^; それはしょうがないことだけどね。。 そんなわけで、これまでは週一ペースで来てたけど、もう少し間隔を空けた方が 良さそうと提案。しかし、本人は来週も来ると言って予約を入れて帰っていった。

13回目
「今週は5回やった」と言って登場。 今週もプリントを見ないでやらせたところ、 途中、2つだけ思い出せないで突っかかりそうになったが、 前回はあまりにも不甲斐なかったので帰り際に少し厳しく言ってしまったので、 今回は、思い出せないのは「いいよ♪いいよ♪」と抜かしてやらせたところ、 かなりスムーズな進行。 聞けば、家でやった時は5分ぐらいで終わるらしい(^^; (((爆))) 随分、早ぇ〜なぁ〜(苦笑) ま、ある意味頼もしいということでオーケー!オーケー!!!(笑)

14回目
どうやら予約を忘れててこの日は欠席(^^;  後日、「この前は忘れてて行かなくすみません」と本人から電話が来た。

14回目(改めて^^)
この日は、もうプリントを見ないでもバッチリ!!!

そして、いくつか写真を撮らせて貰ったよ(^^ 
それが↓





↑M君、お得意のポーズ(ヨガで言うところの「コブラのポーズ」)
凄いっしょ!!!(>_<)



↑勿論、右は先生と呼ばれる男。 目指せ!M君!!!(笑)ということで日々頑張ってはいるけど、 無理みたい(苦笑)これじゃぁ、どっちが先生だかわかりやしない(>_<) しかも、M君に対抗して(←するな!するな!) この撮影で何回もやってたら次の日、筋肉痛になって腰が痛いのなんの(爆) なんとも、情けない先生(T_T)

これでも昔は、M君みたいなこと出来たのにぃ〜(>_<)例えば、 立った状態で後ろから脚を蹴り上げて、 足裏で自分の頭を「ペチンッ!」とタッチ出来たんですけどね。 楽勝だったよ。多分、 それが出来たのは二十代前半頃までかな? でも、今また、M君を見習って頑張ってるのさ!!!(笑) こう並べて見ると、なるほど欠点がわかりました(^^  頑張るぞぉ〜!!! あの素晴らしい日々をもう一度ぉ〜〜



最初は痛くてとても足なんか持てなかったM君。 今は普通に両手で持てるようになったし、ちゃんと●も●いてるでしょ(^^ でも、この日は、いつもよりも硬いよ。 何故か上半身裸の右の男は、多分、先生と呼ばれる男じゃないかな? 気にしないで下さい(笑)でもこの重要なストレッチはHP上では初公開!!!  しかも、多分、先生と呼ばれる男が自ら見せてるのには価値があるかもね(笑) ま、普通の人に見せても、説明しなきゃ(見ただけじゃ) 全然わからないだろうから良いよね(^^



↑どうです?中々、サマになってるでしょ(^^

こうして、まだまだ続くM君へのヨガ指導―――。
athojapanote
SPECIAL

chap.3の2
Young Master's EYE (特別編)


15回目
「お願いします!」といつもの挨拶で2週間振りに登場のM君。 「今日は新しいの何するの?」と言われた。 前回、プリントを見ないで出来るようになったので、 きっと帰り際にでも僕が「今度は新しいのでもやるかな」と言ったのを憶えていたんだろう。 でも、新しいのを教える前に基本のところをいくつか復習。

今回の指導には上にある前回の写真をM君に見せて、 「反るのは良いけどさ、これはまだまだ硬いんだよね」と このページを教材代わりにしてみました。 その結果、前回よりも少しマシじゃない?↓




ちなみに↓これが前回。↑肘に注目!


でもさぁ〜、まだまだ↓これがこんな感じ。 ●の前に●が来なければいけないんだけどね。 あとは肘が真っ直ぐなのもよろしくない。半円を描くような感じが理想かな。 そうすることで『●●から●●の筋肉を引き離す』ことが可能になり、 より疲れが取れるのです。



それから、なんとしても出来て欲しい左右の開脚! M君に「ジャッキー・チェンって知ってる?」と聞いてみた。 にっこり笑って頷いた。「でも、あんまり見たことない・・」って言われちゃった。 「テレビでもいつやってるかわからないし・・」だってさ。 「そっか・・。ビデオとかレンタルしないの?」としつこい僕。 「あんまり置いてないから・・」『ナヌッ!? な、バカな・・・』と心の中で思う僕。 これ以上はジャッキー・チェンで引っ張るのはよした方がよさそうだと判断。 「『ドラゴンボール』好きなんでしょ?」「うん」「そっか」 これが36歳のバカ先生と8歳の生徒の会話の一部始終。

さて、この日は、気合を入れて見本を見せてみた。 そうしたら、彼の目の輝きが違ったので期待したのだけれど・・・。 まだまだ痛くてやっぱりダメみたい。御覧の通り↓。



でも、左は”使用前”。右は”使用後”。一応、最初よりも 肘は楽に床につくようになった。近い内におでこからアゴがつくようになるといいんだけれどね・・。 それにしても硬いでしょ。下は一応先生と呼ばれる男の開脚姿。



そして、下は新しいところ。ヨガの「肩立ちのポーズ」。
左は僕の「片足を伸ばした肩立ちのポーズ」。
まだM君の場合、体を垂直に立てようとする意識が弱い。 「どう?」って聞いてみたところ、「首が痛い(>_<)」って。 そうなんだよね。首の後ろが硬いとM君みたいに胴体部分にも影響が及ぶから 真っ直ぐにカラダが立たない。


↑実はこの辺りの一連の動作は以前に指導してみたけれど、 「なんか、いろいろあってわかんない」というような事を言われたので、 やらなくなってしまった。 今回はM君少し余裕が出てきたのか徐々に覚えていくつもりがあるみたいなので、 なんだか嬉しい(^^

そして、この↓「三角のポーズ」(?)は今回が初めて。
これは、まぁまぁイイねぇ〜(^^


最後は人気急上昇・赤丸チェックのM君のサービスショット(笑)
「ちょっと顔撮らせてよ」とお願いしたら 「いいよ」と言ってこの笑顔(^^ どう?かわいいでしょ?


「M君、モテるでしょ?」「えっ?わかんない?だって、 あんまりみんなの見てるとこでやってないし」

『ん?みんなの見てるとこ?』←ヨガのことか!どうやらM君、ヨガが出来れば モテるでしょ?というような意味で取ったのかも。 ヨガが出来てモテるならオジサン(←僕のこと)はもっとモテるはずだろ!(苦笑)と心の中で 突っ込みながら「違う、違う。そうじゃなくてもモテるでしょ?」と再度、 尋ねてみたところ 「えっ?よくわかんない」とはぐらかされました。 これが”未だに恋に恋する”36歳のバカ先生と8歳の”女子には全く興味なし?”の 真面目な生徒の会話の一部始終。

こうして、まだまだ続くM君へのヨガ指導―――。
athojapanote
SPECIAL

chap.3の3
Young Master's EYE (特別編)

16回目
今日も3枚のプリントがファイリングされている緑系統色のファイルを 脇に抱えて「お願いします」と登場したM君。 ウチのHPでは、このM君と、そのM君の隠れファン(←隠してないね) でもあるあみちゃん。 この二人の動向(なりゆき)は、みなさんの注目の的のようで話題にのぼる事も多い。 というわけで、今や二人はちょっとした人気者のようで、 プロデューサー(?)の僕としても嬉しい(^^ 

「この前撮った写真の見た?」とM君に聞いてみた。 「帰ってすぐ(HP)見たけど載ってなかった(^^;」と言われてしまいました(^^;  『M君、ごめん。。流石にすぐにはアップ出来ないよ・・・』と僕は心の中で 彼に詫びたのだ。それはさて置き、なんでもM君、 自分でPCの操作をしてウチのHPを見たらしい。「凄いじゃん!」と言うと、 「なんかねぇ〜、先生の見てたらわかった(^^」だって!念のために書かせてもらうが、 M君の言うところ”先生”とは勿論、この私のことであります(^^)/   ということは、 前回、僕がこのページを教材代わりに彼に見せた時に何気に操作を覚えたということなのかな? 恐るべし!!!M君!!!ていうか子供は本当に凄いなぁ〜。 実によく、いろいろなところ見てる!!!(感心♪感心♪)

この日も前回とほぼ同じ内容の復習となった。 またまたこのページはM君の教材代わりとなった。 写真を撮ってアップしてあるので本人の欠点を説明し易いし、 本人もその指摘が理解し易く、実際にやる時にイメージし易いという利点があることに最近気付いた!!! これは本当に他の人にも活用したいと思ったくらいだ。

この日も携帯で写真を撮ろうとしたが、僕の携帯はマジでもう限界らしい。 『何が出るかな♪何が出るかな♪何が出るかな?チャラララン♪マジでヤバイ。略してマジヤバ』 というわけで、 この日は本当にカメラの調子は悪くボケボケ(泣)それでも M君が前回よりも確実に成長し柔らかくなっていたので、これは撮らなきゃ!と、 思った次第であります!↓




↑上の2枚は前回。下の2枚が今回。右足前の上下の写真はそれ程変わらない(下の写真は右手を投げ出している 位置はあまりよろしくはない・・)が、M君の不得意な左足前の上下の写真を見比べ欲しい! 顔の位置が違うのがお分かり頂けるでしょうか?わかるよね!上と下じゃ随分違うもん♪ 僕は実際にナマで見てるから『おぉ〜、やるじゃん!いいよ♪いいよ♪』という感じで 興奮しちゃった(^^ でもねぇ〜、まだまだ流石にちょっとM君痛そう(>_<) 軽く脚をさするようなおさえるような動作をたまにしてる。ところが! 最初の頃のように痛いからといって、言い訳のような事は一切言わなくなった!!! 痛いんだけどその痛みを受け入れて出来るようになってきている!!!と、 この日は、指導しながらそれを結構、感じました。偉い!!!

そして、前回に引き続き開脚へ。

before―――――――――――after


前回の写真と見比べてみますか。↓

before―――――――――――after


↑脚の開きが前回よりも良いのがお分かり頂けると思います!!!  今回もまず僕が見本を見せながら、注意点を細かく説明。 その時にM君の目の動きを見てると、彼なりに いろいろなところを観察してるようで安心した。 実は、僕は見本を見せながら指導している時に相手の目の動きをたまにチェックすることがある。 大体、相手の目の動きを見るとその人の実力もわかる(^^  自分の欠点などがきちんと理解してる人の場合は、 僕が一番注目して欲しいところに視線は必ず向いている。 ところが、あまり理解していない人の場合は、 とんでもないところを見ているものなのです(^^; その場合は、なるべく『ここに注目!』とわかり易く指導しているのだが、 それでもダメな人はダメなのだ(T_T) 結局、観察力が鋭い人ほど 成長は早い。ある意味、間違い探しが上手い人ほど上手になるということ♪ 是非、みなさんには違いがわかる人間になって頂きたいものであります(←偉そうにぃ〜)

さて、M君が前回よりも脚が開いているのには上で書いたようにきちんと 説明を聞いて観察していてくれたことがひとつ。 それと、もうひとつ秘密(コツ)があるからなのです。 というわけで、今回はいつもよりもハイレベルな事をして貰いました(^^  その分、M君は痛かっただろうし辛かったと思うけど、 何も言わずに我慢してやってくれました♪それは 相撲部屋の新弟子の股割りのように僕が上に乗ってギューギュー押したりしたわけじゃありません。 そういうやり方はハッキリ言ってナンセンス!!! 僕に開脚を指導された事がある人は皆、このやり方です(プリントに載ってるあれです♪ あれが一番大事!!!)

「(最後)おでこはついたよね?」と聞いてみると、「ん〜・・・。。」と首を傾げたM君。 まだ微妙についてないようで、本人もあんまり納得いっていない様子。 ある意味、今日が始まりのようなものさ♪というわけで、まだまだこれから、これから(^^  いつかは胸やお腹がベタァ〜っと床につくようになったらいいなぁ〜。。

その後は、前回やり始めたヨガの「肩立ちのポーズ」やそこからの変化を指導。 というわけで、今回は↓これを撮影しました。



M君の場合、反るのは得意というか凄すぎるけど、反対の前屈系統は不得手(^^;  「どう?」と聞くと、「頭の上の方が痛い」そうだ。これはなんだか凄く不恰好なので これからの課題。前屈系統は全て課題だね。

「M君、僕が見本見せるからそれを撮って」とお願いしてみた。 「ここ押せばいいだけだからさ」と、そんなこともしてみるのも、 ちょっとした勉強になるだろうと思ってみた。

『カシャッ!☆』↓↓↓


(↑撮影:M君)

「あはははは(笑)悪くはないんだけど、 もうちょっと離れて、今度は足先まで入る感じで撮ってみて。 慌てなくていいからね。また合図するからさ(^^」と、いうわけで 改めて撮影。『カシャッ!☆』↓↓↓

(↑撮影:M君)
↑今度はバッチリだね♪M君のをすぐ下にもう一度↓


(↑撮影:Hカル君)
ちょっと僕のTシャツが背中でダラ〜ンとめくれているので 判りづらいかもしれませんが、 背中は丸まりながらも垂直に近い感じで立っています。ま、それが理想かな。 M君の場合は硬いから、まだまだ丸まり足りない。もうちょっと脚と共に お尻は顔の方へ行かなくていけない。 とはいえ、僕も午前中だったから結構カラダが硬いみたい(^^; 本当は折り曲げた脚のスネや足の甲は床にベッタリついた方がイイのだ。 M君が「頭の上の方が痛い」と言った時に僕は 「午前中だからカラダが余計硬いからしょうがないけどね・・」と伝えました。

今度の予約をいつにするのかお母さんに聞いてこなかったということで、 ならば次回の予定も聞きに一緒にお母さんとM君の弟が待つ車まで歩いて行くことにした。 その時にM君がお母さんに「午前中はカラダが硬いから午後にして」とお願いしてた(^^ う〜ん、ヤル気ありだね♪

こうして、まだまだ続くM君へのヨガ指導―――。

athojapanote
SPECIAL

chap.3の4
Young Master's EYE (特別編)

17回目
子供の成長はかくも早いものなのでしょうか・・?
「肩立ちのポーズ」(ほぼ)完成!!!



「此処に極まれリぃ〜〜!!!」ってな感じで、 リアル肩立ちのポーズを挨拶代わりに・・ 『みなさんお待たせしました♪』・・ 前回の指導から2週間ぶりにM君登場!!! ↑上の写真は今回のもので、下は前々回の写真↓



全然違うでしょ?まず前々回のは腰が引けちゃってるもんね。 あとはよく見て貰えばわかるけど、肘の位置ね。肘が 開いてると体はなかなか立たせにくい。 つまり、肘が体側にあるとダメというわけ。でも、M君は これからまだまだ柔軟性が出て更に筋力がプラスされれば もっと上半身が立ってくるだろうけどね(^^ こりゃ、楽しみだよ♪

というわけで肩立ちのポーズがここまで出来るようになると、 こっちも出来ちゃう♪↓



下にある前回のと見比べて貰えば全然違うでしょ!ま、ちょっと向きは 逆になっちゃったけどね。そこまで考えて撮影してなかった・・ごめんなさい。



ちなみにヨガでは『耳をおすポーズ/カルナピーダー・アーサナ』 っていうらしい。今回のM君はスネから足の甲が床につきそうな感じで、 足先まで神経が行き届いていて見た目が綺麗でしょ (しかも僕の携帯も替えたから写真も綺麗でしょ♪)肩立ちのポーズも同様だけどね。 実は僕の方では今回そんな細かいところまで指導してないけど、 M君にやらせてみたところ出来てた(^^ だから、 これは写真を撮っておこうと思った次第。 第一印象が綺麗だったから♪これは首も含む背骨が柔軟になってきた からここまで丸まれるんだよ。

でも、M君やっぱりこの時は首がちょっと痛いって。 あと丸まる時にお腹が痛いんだって。それでもお腹が痛いのは「戻れば治る」って。 実は僕は最近、これがかなり硬くなってきちゃった。スネが床につかなくなってきた!(ピンチ!) やっぱ僕自身は柔軟性を捨ててるからね(苦笑) でも、先生がそれじゃぁ〜ヤバイよね(>_<) 気合を入れなおして頑張るかな。。あと、ある程度、 筋トレしてないと体が硬くなって行くんだよね。みなさん、知らなかったでしょ? ま、筋肉を付けすぎても勿論ダメだし、 筋肉に刺激を与える機会が減ってもダメなんですよ。 筋トレは上手く組み合わせると実は柔軟性も増すんですヨ(^_-)☆

で、最後はこれ↓



ヨガでは『深い前屈/ウッターナ・アーサナ』というそうだ。 M君の場合、反る系統は凄い柔軟性があるけど、反対の前屈系統が嘘のように硬い。 本来、両足は揃えて行なうんだけど、このポーズは今回が初めてなので、 拳ひとつ分足の間を開けてバランスを取り易くして行なって貰っている。 とにかくM君の場合はこの前屈系が今後の課題となる。ちなみに、 下は先生と呼ばれる男のポーズじゃなかろうか?(一応、見本です^^) 手の組み方は今回の撮影用にアレンジして抱えてみたよ☆



いずれ、M君も↑このおバカな先生のようにできるようになったらと思うと、 とっても楽しみでござるよ。にんにん(←って、あみちゃんのがうつっちゃった^^)

こうして、まだまだ続くM君へのヨガ指導―――。

athojapanote
chap.2
■M.Sさん(30代 女性)

習い始めて1ヶ月が過ぎました。でも、まだ4回ならったところです。 一回で劇的に変化はしてないのですが、すこしずつ良くなっているのがわかります。 力の抜き加減がだんだんとわかってきた辺りからでしょうか? 習っている最中に酸欠で頭痛もしなくなりました。目もつむらなくなりましたよ。 ふふふ。ヨガってもともと内観を目指しているので、目つむっちゃうんですよ。 なれってこわいですよね。ひかる先生は「目をつむっちゃだめ!!現実をみて!!」って言う。 それってすごいことだと感じた。内観って言葉にも衝撃だったけど、 ひかる先生の今ある体の痛みとかいろいろに目をそらしてはいけないってのも衝撃でした。

一番うれしいのは、どんなにしてもとれなかった首の痛みが徐々に減ったことです。 痛みが出ない日もふえました。それってすごく嬉しいことです。 あ〜んど、頭痛薬を飲まなくなったことです。 嬉しいのですが、頭痛薬買いだめしてましたので、この不良債権(頭痛薬)をどうするか問題です。

ひかる先生は、「ムリせずにサボってもいいよ」と言ってくれます。 それもすごく安心できます。 日本人って毎日続けなきゃダメみたいなところってあるけど、 教えてくれている先生がそう言ってくれると気が楽になります。 だから、たまにサボる日もあります。えへへ。

サボっても 結果はとても良い方向に向かってるのが実感できます。 何事もバランスなのでしょうね。必死ではダメなんだと思う。だったら、必幸なんだろう。

以前に書いた中で 「目指せ!セルフヒーリング、セルフケア、セルフコントロール」にたどりついたのは、 自分自身でカルシウムが作り出せない体になってしまったからです。 有名なドクターにも一生治らないと言われたのですが、 その言葉に縛られたくないと思ったし、 治らない可能性は0%ではない!100%じゃなくても2%でもまだ可能性があるなら、 自分自身の体を信じたいと思った。だから、ヨガを始めたのです。 私の細胞はただ「へそをまげてしまっただけ」と思っているの。 ひかる先生に習っているヨガを完全にマスターしたら、 少しは機嫌も直るかもしれない。そう信じて楽しくヨガを続けて行こう!!です。
Young Master's EYE

Sさん、今回も体験記ありがとう!!!

>内観って言葉にも衝撃だったけど、ひかる先生の今ある体の痛みとかいろいろに目をそらしてはいけないってのも衝撃でした。

ムフフフフ(微笑)ありがとう♪そして、とてもイイところに注目してくれて、ありがとう♪

「内観」に衝撃を受けた気持ちわかるよ!確か、僕は 「禅の本」 無と空の境地に遊ぶ悟りの世界という本で知ったよ。 「内観」って良い言葉だよね♪

ちなみに、 【内観】とは・・・
@(仏)精神を集中して心中に自己の本性や真理を観察すること。 また、その修行。
A(心)(introspection)自分の意識体験を自ら観察すること。内省。(「広辞苑」より)

まさに、ウチのヨガも内観が大事!!!だけど、 絶対に目をつぶっちゃダメという少し変わった掟があるからね(笑)。 Sさんが書いてくれたように、現実を直視することが、本当の内観に繋がるというのが僕の 考え。だからそう指導しています。どうしても人間って、痛かったり、怖かったりすると目を つぶっちゃうからからね(苦笑)だから、ウチでは、目をつぶることは「現実逃避」とみなして 禁止にしています。 結局、最初から目をつぶってしまうと肝心なところに意識がいかなかったりするんだよね。 また、特にウチのスタイルは、他所のヨガ教室なんかの指導方針とかとは違って、 痛くても自分に厳しく、やっていかなければならなかったりするわけで、 その時のその痛みも(当然、目をつぶらないで)落ち着いて受け入れていかないと、 真の目的のセルフコントロールなんて到底できないだろうからね(^^

>頭痛薬を飲まなくなったことです。

ちゃんと使えてる証拠だね♪素晴らしい!!!
だいたいの人がSさんのように1ヶ月以内で頭痛薬はいらなくなちゃうよ! v(^^)v 

そういえば、Sさんが使用してた、首のストレッチでの中指ヴァージョンで最近指導してます。 通常の人差指ヴァージョンと両方指導して、あとは本人にやり易いのを選択して もらってます。結構、評判イイよ!!! ありがとう!!!  しかし、中指ヴァージョンには感動した!!! すげぇーよ!ホント、すげぇー!(笑) なんで今まで気付かなかったんだろう(苦笑)  この前、あまりに感動して笑えたからね(^^ いや、すげぇ〜!ホント、これは使えるよ! ホントありがとう!!!あ〜んど、不良債権ごめんね(^^;

>日本人って毎日続けなきゃダメみたいなところってあるけど

あ〜、日本人ってそういう真面目さあるよね。 ま、指導者が不真面目な日本人でよかったでしょ(笑) ウチの場合は、サボることは本当にイイお勉強になります!と奨励しちゃってるからね(苦笑)

>サボっても 結果はとても良い方向に向かってるのが実感できます。

いいねぇ〜♪その感じ♪まさに理想!

とにかく、やる時は集中して丁寧にやる!ことが大事だし、 やったならばキチンと効果を出すことが大事! ダメな人の場合、サボっても、やっても何も変わらないっていうんだよね(苦笑) そんな事じゃ、全くやってる意味がないでしょ。。 だから、Sさんのようにサボってても結果が良い方向に向かっているのは、 理想なんだよね。今までの人生で散々自分の体に溜め込んで来た「過去の疲労」分+「1日の疲労」を 上回るモノ(スキル)になっているという証明でもあるわけですよ。

ちなみにサボり方を間違えると大変な目に合うから気をつけてね。 僕なんかでも、今日はサボりたいけど、 明日のために首だけはやっておいた方が良さそうだなぁ〜なんて日もあるわけでね。 疲れてる日や、いっぱい体を使ったり、仕事した日なんかにサボるのはよくないよ。 サボるんだったら調子の良い日にしないと(^^  その辺りの「疲労」の速度計算がしっかり出来るようにね♪ でも、サボっても自分で責任を取れるならば問題ない。というよりも、大したもの!!!

> 有名なドクターにも一生治らないと言われたのですが、その言葉に縛られたくないと思ったし、 治らない可能性は0%ではない!

へぇ〜、そんなこと言われたの?その話って聞いてあったんだっけ? だとしたら忘れてる(^^; 

そうだね!そんな言葉に縛られることはないよ!!!  ウチに整体に来るお客さんの中にも、お医者さんや、また、他の整体や カイロで「治らない」と言われたものなんかでも、 僕の整体だけで簡単に治るものもあったり、ウチのヨガを習ってキチンとやっていたら いつの間にか治っていたりということは実際に多く起きてます。 それを奇跡と言うかというと、そうではなくて、 キチンとしたことをした上で努力していなかっただけです(苦笑) 本当に治したかったら、ウチのヨガのように厳しく、そして丁寧に継続して やっていかないと人間の体なんかは そう簡単には変わらなかったりするからね。

Sさんは僕の指導通りかなり忠実にやれているから、 きっと「今まではなんだったの?」という位に体は変わってしまうだろうと思っています!!!  だから、頑張ってねぇ〜♪(^^
athojapanote
chap.1
■M.Sさん(30代 女性)

田中Young Masterヒカル先生の所で、 ヨガ初めて2回がすぎました。週1で通ってるま〜す。 私の目的は、めざせ!!セルフヒーリング・セルフコントロール・セルフケアです!! あ〜なんていい響きなんだろう。ここにくるまでなんでこんなに時間かかってしまったのだろうと、 習いながら考えちまいますよ(T‐T)誰かが言ってるよ〜「この未熟者め!!!」って聞こえる。 がーん。

田中YMヒカル先生の所にくる前からヨガをならってもう少しで3年目を向かえる。 こちらも週1のペースで通ってる。とにかくヨガってすっごく気持ちいいの。 頭すっきり、目すっきりなんだよね。でも、だんだんとやってると 自分が完璧にできてないのに気づくの。おかしいと思ってても、 レッスンが終わると忘れてしまう←鳥あたまだからか〜?? 田中YMヒカル先生にも「カッコだけではだめ!!」と言われた時は 「ありゃ〜やっぱすぃ??」でした。

田中YMヒカル先生の所はマンツーマンで指導してくれるので、 疑問もすぐぶつけられる。そして、今まで習っていたヨガとは考え方も、 やり方も違っていた。私が求めてたのはこれだ!!みたいな感覚があった。 ただ、ヨガを習うのではなくて何を目的としてるか意識としてはっきりすることで、 こんなにも違うのかな〜とびっくりです。 意外と普段は自分の体の変化には気づいてないんだと痛感しています。 本当はいろいろと変化があるんだよね。う〜ん。

感激はつかの間、次の日筋肉痛はやってきた。 おきたら「痛ったたたたたた!!!なにこれ??筋肉痛になってる!!!」 ヨガで筋肉痛なんて今までなかったので、おどろいちゃったよ。 でも、次の日に筋肉痛がくるだけまだ若いってことでね・・・・・えへへ。

そこから、毎日どこかしら痛くなって大変です。 毎日ヨガをすることで感じるのは、やっぱりヨガ+筋トレは必要なんだなと感じることです。 そうそう、ヨガを始めて日記をつけてるのですが、私の文の中で一番多いのが 「痛い」次は「辛い」その次は「筋トレは必要」ってかんじです。 あはは。ヨガ習ってるときってやっぱり「痛い!!!!」ってのが多い。 人間て不思議なのが、痛いとき笑っちゃうんですよ。自己防衛なのか? なんなのかわからないけど、痛みを和らげるようにするって感じ??そう、痛ったたたた!! とか言いながら笑顔なんです。はたから見るときもいっすね。 あえて言いますが決して私はMではございません。真面目に痛いのれす。

新しいポーズを覚えるたびに痛みが増してる気がします。 あ〜わたすぃってこんなに自分の体に手をかけなかったのね〜とすまない 気持ちでいっぱいになりました。お化粧は毎日するのに体はいたわってあげなかった 日々の積み重なった疲れが、この痛みに出ているんだね〜。ふ〜しみじみ。

そうそう!不思議な体験をしたんだよね。実は1日やらなかった日があるんです (すぅえんすぅえ〜ごめんなさい)。で、次の日の夜「今日もサボって寝ちゃおうかな〜」 って思ってたの(本当にすみません)。でもね。その後自然と自分でヨガはじめてました。 自分でもびっくり。体が欲してたのね。こんなことってなかったから驚いちゃった。 おそるべし、ヨガです。

あと、余談ですが・・・・田中YMヒカル先生にはまだまだと言われそうだけど・・・・ なんかね〜お尻がねアップしてたのです。そう!!!ヒップアップ!!! 形がよくなってる気がする。うふふ。まだまだだろうけどね。ちょっとうれしかった!! なんか、単純ですみませんって感じだけど「うふふふふ」な出来事でした。ビバ!ヨガ!

田中YMヒカル先生!!!!ありがとう!!!
Young Master's one point advice

はい、どうも!田中”Young Master”ヒカル先生です(照)(^^

>毎日どこかしら痛くなって大変です。

日頃、あまりにも体を動かしてない方の場合は、最初、筋肉痛にもなったりするのは、まぁ、 しょうがないとしても、 いつまで経ってもどこか痛くなっているようではダメなんですよ。 もしかしたら、Sさんの場合、普通のヨガしちゃってるかもね。。(^^;  ウチのは『究極のヨガ』だから、普通のヨガとはわけが違うんだよね(^^  とにかく、日々の体の疲れを取るために行なっていかなければ なりません。だから、次の日は体が軽く感じたり、 快適であったりと好調でなければ意味がないんですよ。 とにかく、そこを目指して下さい♪

痛くなってしまうということは、 変なチカラが入ってしまっているのかもしれませんよ。 あと、痛くてもポーカーフェイスで行なうのがウチの掟です! そんなわけで、目をつぶったりはNGだし、笑っちゃうのもNGね(笑) お澄まし顔でよろしく♪ とにかく顔のチカラも、体のチカラも抜いて、 落ち着いて行なわないと、 本当に集中して意識して出来ていなかったりするので効果が中々出ません。 今後は、そんなところに注意してやってみて下さい♪ ちなみに、ポーズ終了後ならば何でもありです。 思う存分、痛がって貰ってもいいですよ(^^

SIDE-A ガイド  

HOMEGUIDEBBS
SIDE-A ガイド

整体ストレッチ(ヨガ)筋トレ

PROFILE

整体料金表  ストレッチ(ヨガ)料金表   筋トレ料金表